ペットの水~犬や猫、すべてのペットの健康の為に~

ペットのアレルギー・結石・ガン対策の安心飲料水「ペットの水」シリーズ。

HOME
安心して飲ませる飲料水 元気にする飲料水 純水とは… 飲料水の豆知識 お客様の声

Home > ペットの病気

ペットの病気 Archive

猫の腎不全とミネラル過多

『猫の腎不全とミネラル過多』

猫がかかりやすい病気の一つに慢性腎不全があります。症状としては、水をよく飲むようになり、尿の量が増える他には大きな特徴が無いため見過ごし勝になりやすい病気でもあります。腎臓の機能が次第に低下してくると、尿の量は増えるのですが、老廃物やミネラル分が分解されずに体内に溜まって、いわゆる尿毒症と言われる症状になります。

慢性腎不全からは、糸球体腎炎、間質性腎炎、腎盂腎炎といった腎疾患や、先天性の腎臓異常など、その他様々な病気になることが認められておりできるだけ早く治療したい病気でもあります。

また、慢性腎不全の大きな要因として知られているが電解質やミネラル過多による腎不全や、尿結石による尿路閉塞で急性腎不全を起こし、それが慢性腎不全に移行するケースなどが知られています。

いずれしろ、大きな原因は、ミネラルバランスです。ミネラルは、体内で生成できない為に、摂食によって補う他ないのですが、 ミネラルと一言で言っても100種類以上あるため摂取量や、それぞれのバランスが大切となってきます。

また、ミネラルがビタミン違い安全摂取量の幅は狭いので、ミネラル過多・ミネラル欠乏には十分注意したいですね。

『猫の食事と水』

猫の慢性腎不全、ここ20年で現れた病気です。原因は、運動不足・ストレス過多に加え・ペットフードに十分な量のミネラルが含まれることが挙げられます。特に同じペットフードを与え続けるのは、ミネラルバランスの観点からもあまりお勧めできません。

さらに、健康の為にとペットにミネラルウォーターなどを与えると、ミネラル過多になり慢性腎不全を招く可能性を高めてしまします。

『猫には、純水』

【純粋の勧め】
安心・水』はカルシウム・マグネシウム・リン等の“ミネラル”を取り除いた後 酸素をたっぷり入れました。

ペットには、『純水』!これが弊社の長年の研究から導きだされた末、たどりついた結論です。

当社の、「安心・水」は高品質な純水をつくりだすため、丹念に時間をかけ、実に3回、 業務用特殊フィルターにとおす事によって生成された、ミネラルや不純物を99%以上除去した“純水”です。

ペットの結石予防に最適なお水。
すなわち当社が自信を持ってお届けする「安心・水」ミネラル・ゼロです。


自然治癒力の低下と猫や犬の病気

現代のペットは、昔に比べ病気にかかりやすいといわれています。
それは、人間同様にペットたちの生活環境が大きく変わったからに他なりません。

飼い主との距離がぐっと近くなり、家族同然の生活を送ることで、おのずと生活リズムも飼い主と似通ったものになったり、甘やかされることで運動不足になったり、栄養をとりすぎるようになってきています。ペットフードに含まれる栄養分が充実してきたこともあり運動量が減ると、脂肪のつき易い環境になっているのですね。

しかし、本来はより多くの運動量とバランスのよい食事が必要なのです。

生活習慣の乱れは、まず自然治癒力や免疫力の低下という形で現れます。
そして、それが積み重なると結果として、病気になりやすくなったり病気になっても治りにくい体質になってしまいます。

がんや糖尿病、肝臓病などの生活習慣病から、外耳炎・前立腺肥大・腎不全・胃潰瘍・肝炎・湿疹・膀胱炎・下痢・肥満細胞腫子宮蓄膿症・悪性リンパ・尿路結石・皮膚病・心臓病といったように、人が近年かかりやすくなった病気と同様のものがペット達にも広まっています。

ペットたちの自然治癒力を少しでも高めてあげるためには、どうしたらいいのでしょうか?
答えはとてもシンプルです。

・適度な運動をさせてあげること
・バランスのいい食事を与え、水分を十分にあげること

この2つがしっかりとできていれば、ペット達の健康も自然とついてきます。
本当にかわいいならばこそ、甘やかさずにしっかりと体調管理をしてあげたいですね。

元気・水』はペットの免疫力を高める水です。『元気・水』に含まれる、ベーター・グルカンがペット本来の自然治癒力を最大現に引き出し、本来の丈夫で健康なカラダへと変化させます。

ペットフードと結石について・・・

ペットフードと結石についてご紹介します。まずは主要な結石2種類を紹介します。

【ストルバイト結石】
マグネシウムの過剰が必須で低タンパク、尿がアルカリ性になるとできやすい結石です。また、市販のペットフード多く含まれている原材料のコーン、大豆にはマグネシウムが多く含まれているものが多いため注意が必要です。症状としては、排尿をあまりしないこと、膀胱・尿道に細菌感染があることなどが挙げられます。

【シュウ酸カルシウム結石】
ストルバイト結石とは逆に、カルシウム過剰、高タンパク、尿が酸性といった条件の下で出来やすい結石です。健康食として人気の煮干しやしらす干しなどに含まれるカルシウムの過剰摂取には要注意です。

ミネラルの過剰摂取に要注意
ミネラルとは・・・? カルシウム・ナトリウム・カリウム・マグネシウム・燐(りん)・硫黄・鉄などの無機塩類のことを指します。
ミネラルの豊富な、ミネラルウォーターや、ミネラルの多いペットフードは上記のような結石の原因となります。

→ミネラルが無ければ、水道水でいいの!?
水道水は、お勧めしません。理由は、塩素やカルキ、トリハロメタンや環境ホルモンなどの 有害物質が 含まれており、 結石とは別の次元の問題を多く抱えています。

【純粋の勧め】
安心・水』はカルシウム・マグネシウム・リン等の“ミネラル”を取り除いた後 酸素をたっぷり入れました。

ペットには、『純水』!これが弊社の長年の研究から導きだされた末、たどりついた結論です。

当社の、「安心・水」は高品質な純水をつくりだすため、丹念に時間をかけ、実に3回、 業務用特殊フィルターにとおす事によって生成された、ミネラルや不純物を99%以上除去した“純水”です。

ペットの結石予防に最適なお水。
すなわち当社が自信を持ってお届けする「安心・水」ミネラル・ゼロです。

ペットの生活習慣病

今日は、ペットの生活習慣病について。

人間同様に、犬や猫のペットも生活習慣病にかかりやすくなったと言われています。カロリーの高い食事(過剰な給餌)と、運動不足、そして過度のストレスが主な原因で免疫力が低下することが原因であると考えられています。具体的な症状としては、肥満や、高血圧、高脂血、症糖尿病から心臓疾患、腎臓疾患、肝臓疾患まで軽度のものから、重度のものまで様々です。(ガンを含め生活習慣病だけでペットの死因の約85%を占めるというデータもあります)

飼い主として、かわいさのあまりつい甘やかしてしまう。そんな方もいらっしゃることと思いますが、本当にペットのことを思いやるのなら「ペットの健康」最優先に考えるべきではないでしょうか?生活習慣は名前の通り、生活を見直すことで予防したり、治療したりすることが可能です。

1、まずは食事。体重、犬種、運動量に応じたカロリーをかかりつけの獣医さんに聞いてみましょう。
2、適度な運動。毎日の散歩は欠かさずに、散歩以外でも、ペットが動きやすい環境を整えましょう(肥満になってしまったペットには、まずはゆっくりとした運動がお勧めです)
3、つぎはストレス。室内だけで飼育する、かわいさのあまりかまいすぎる、逆に、離れることがストレスになる場合もあるので、何がストレスが見極めストレスをかかりにくい環境を整えましょう。

以上の点を考慮すれば、免疫力の高い健康的なペットへと少しずつ変化していきます。

当社グリーンケミーでは、そんな生活習慣病のペットの免疫力を高める手助けになれればと『元気・水』の販売をしております。
元気・水』はペットの免疫力を高める水です。『元気・水』に含まれる、ベーター・グルカンがペット本来の自然治癒力を最大現に引き出し、本来の丈夫で健康なカラダへと変化させます。詳しくは、当社スタッフまでお問い合わせ下さい。

ホーム > ペットの病気