ペットの水~犬や猫、すべてのペットの健康の為に~

ペットのアレルギー・結石・ガン対策の安心飲料水「ペットの水」シリーズ。

HOME
安心して飲ませる飲料水 元気にする飲料水 純水とは… 飲料水の豆知識 お客様の声

ホーム > タグ > ペットの腎不全

ペットの腎不全

猫の腎不全とミネラル過多

『猫の腎不全とミネラル過多』

猫がかかりやすい病気の一つに慢性腎不全があります。症状としては、水をよく飲むようになり、尿の量が増える他には大きな特徴が無いため見過ごし勝になりやすい病気でもあります。腎臓の機能が次第に低下してくると、尿の量は増えるのですが、老廃物やミネラル分が分解されずに体内に溜まって、いわゆる尿毒症と言われる症状になります。

慢性腎不全からは、糸球体腎炎、間質性腎炎、腎盂腎炎といった腎疾患や、先天性の腎臓異常など、その他様々な病気になることが認められておりできるだけ早く治療したい病気でもあります。

また、慢性腎不全の大きな要因として知られているが電解質やミネラル過多による腎不全や、尿結石による尿路閉塞で急性腎不全を起こし、それが慢性腎不全に移行するケースなどが知られています。

いずれしろ、大きな原因は、ミネラルバランスです。ミネラルは、体内で生成できない為に、摂食によって補う他ないのですが、 ミネラルと一言で言っても100種類以上あるため摂取量や、それぞれのバランスが大切となってきます。

また、ミネラルがビタミン違い安全摂取量の幅は狭いので、ミネラル過多・ミネラル欠乏には十分注意したいですね。

『猫の食事と水』

猫の慢性腎不全、ここ20年で現れた病気です。原因は、運動不足・ストレス過多に加え・ペットフードに十分な量のミネラルが含まれることが挙げられます。特に同じペットフードを与え続けるのは、ミネラルバランスの観点からもあまりお勧めできません。

さらに、健康の為にとペットにミネラルウォーターなどを与えると、ミネラル過多になり慢性腎不全を招く可能性を高めてしまします。

『猫には、純水』

【純粋の勧め】
安心・水』はカルシウム・マグネシウム・リン等の“ミネラル”を取り除いた後 酸素をたっぷり入れました。

ペットには、『純水』!これが弊社の長年の研究から導きだされた末、たどりついた結論です。

当社の、「安心・水」は高品質な純水をつくりだすため、丹念に時間をかけ、実に3回、 業務用特殊フィルターにとおす事によって生成された、ミネラルや不純物を99%以上除去した“純水”です。

ペットの結石予防に最適なお水。
すなわち当社が自信を持ってお届けする「安心・水」ミネラル・ゼロです。


Home > タグ > ペットの腎不全