ペットの水~犬や猫、すべてのペットの健康の為に~

ペットのアレルギー・結石・ガン対策の安心飲料水「ペットの水」シリーズ。

HOME
安心して飲ませる飲料水 元気にする飲料水 純水とは… 飲料水の豆知識 お客様の声

ホーム > タグ > 生活習慣病

生活習慣病

犬の毛が抜けてしまいます・・・お客様からのご質問をいただきました。

山口県のI様より、ご質問をいただきました。

Q:現在、家で柴犬(3歳)を飼っているのですが、去年の暮れ当たりから毛が抜け出して、病院に通わせています。薬を与えても一時的に良くなるだけで、すぐに再発してしまします。友人に、グリーンケミーさんの「元気・水」を教えてもらったので、飲まそうと思うのですが、どれくらいの期間で症状は改善するのでしょうか?

A:お問い合わせありがとうございます。「元気・水」は、ペットが本来持っている免疫力や自然治癒力といった力を高める為の水です。ペットの毛並みに関しては、病気やアレルギーなど様々な可能性が考えられるのですが、多くの場合、ストレスや運動不足による免疫力の低下が原因のようです。免疫力の低下自身は病気ではありませんが、低下することにより、病気になったり、免疫力低下のシグナルとして、毛が抜けるという症状が現れることがあります。

「元気・水」を飲めば、毛並みが綺麗になるという声は、以前にもいただいたことがあります。(→アレックス君をご覧下さい)ただ、薬ではないので、一度飲めばすぐに毛が生えてくるというわけではありません。

【飲み続けていただき易いように工夫しました】
毎朝起床時にコップ1杯のグルカン水を飲み続ける事で、血液がサラサラになり便秘解消や毛並みが綺麗になるといった効果は、目に見えて違いを感じていただけるかと思います。

結果的に新陳代謝の促進に繋がりますので、適切な運動さえしっかりすれば、通常の食事をしている場合に比べて、飼っているペットがいきいきと元気な姿が見れるようになります。

【元気水とは?】
常βグルカンは水には溶けないのですが、弊社の特殊技術で水の中に溶かし込む事に成功しました。

毎日の健康生活を望む方は、いずれにせよ継続することが大切です。・・・錠剤や粉末等のダイエット食品だと途中で諦めることが多いですが、毎朝のお水なら簡単に続けられます。

また、元気水は他の薬などと合わせて飲んでいただいても、全く問題ありません。通常の”お水”と同じようにお飲み下さい。

『元気・水』はペットの免疫力を高める水です。『元気・水』に含まれる、ベーター・グルカンがペット本来の自然治癒力を最大現に引き出し、本来の丈夫で健康なカラダへと変化させます。

自然治癒力の低下と猫や犬の病気

現代のペットは、昔に比べ病気にかかりやすいといわれています。
それは、人間同様にペットたちの生活環境が大きく変わったからに他なりません。

飼い主との距離がぐっと近くなり、家族同然の生活を送ることで、おのずと生活リズムも飼い主と似通ったものになったり、甘やかされることで運動不足になったり、栄養をとりすぎるようになってきています。ペットフードに含まれる栄養分が充実してきたこともあり運動量が減ると、脂肪のつき易い環境になっているのですね。

しかし、本来はより多くの運動量とバランスのよい食事が必要なのです。

生活習慣の乱れは、まず自然治癒力や免疫力の低下という形で現れます。
そして、それが積み重なると結果として、病気になりやすくなったり病気になっても治りにくい体質になってしまいます。

がんや糖尿病、肝臓病などの生活習慣病から、外耳炎・前立腺肥大・腎不全・胃潰瘍・肝炎・湿疹・膀胱炎・下痢・肥満細胞腫子宮蓄膿症・悪性リンパ・尿路結石・皮膚病・心臓病といったように、人が近年かかりやすくなった病気と同様のものがペット達にも広まっています。

ペットたちの自然治癒力を少しでも高めてあげるためには、どうしたらいいのでしょうか?
答えはとてもシンプルです。

・適度な運動をさせてあげること
・バランスのいい食事を与え、水分を十分にあげること

この2つがしっかりとできていれば、ペット達の健康も自然とついてきます。
本当にかわいいならばこそ、甘やかさずにしっかりと体調管理をしてあげたいですね。

元気・水』はペットの免疫力を高める水です。『元気・水』に含まれる、ベーター・グルカンがペット本来の自然治癒力を最大現に引き出し、本来の丈夫で健康なカラダへと変化させます。

高齢ペットの「癌」「糖尿病」「肝臓病」について・・・ご質問をいただきました。

高齢ペットの「癌」「糖尿病」「肝臓病」についてご質問をいただきました。

Q:「元気水」(グルカン水)についてご質問させて頂きたいのですが、高齢のペットの「高血圧」「癌」「糖尿病」「肝臓病」に、このお水はどの様な効果がありますか?

A:β1.3-1.6グルカン(厚生労働省告示第120号)の効果としては、「免疫強化作用」 「抗酸化作用」 「生理活性作用」が認められています。

この3つの作用の中にはご質問の病状も含まれていますので、症状によっても異なりますが、改善効果は期待できると思われます。ただし薬のように即効性のものではありません、毎日飲み続ける事で少しずつ変化を感じていただけるでしょう。

「高血圧」に関しては、生理活性作用により、血液をサラサラにしますので、改善効果が期待できます。
「癌」に関しては、免疫力の強化、抗酸化作用により進行を遅らせることが可能です。
また、「糖尿病」「肝臓病」に関しても抗酸化作用、生理活性作用により予防・改善の効果が期待できます。

弊社「元気・水」について・・・「元気・水」は、独自の製造過程により不純物を取り除いた、 99.9%純粋な水に 通常の2~3倍の酸素量を含ませ、さらに特殊技術により、 アガリスクや霊芝などのキノコ類に含まれている、多糖体植物繊維と言われるベーターグルカンを 溶かすことに 成功した希少なお水です。

毎朝起床時に、コップ1杯飲み続けることで、健康促進、生活習慣病予防に効果があります。購入、ご質問に関しては、お気軽に弊社スタッフまでお問い合わせください。

ペットの生活習慣病

今日は、ペットの生活習慣病について。

人間同様に、犬や猫のペットも生活習慣病にかかりやすくなったと言われています。カロリーの高い食事(過剰な給餌)と、運動不足、そして過度のストレスが主な原因で免疫力が低下することが原因であると考えられています。具体的な症状としては、肥満や、高血圧、高脂血、症糖尿病から心臓疾患、腎臓疾患、肝臓疾患まで軽度のものから、重度のものまで様々です。(ガンを含め生活習慣病だけでペットの死因の約85%を占めるというデータもあります)

飼い主として、かわいさのあまりつい甘やかしてしまう。そんな方もいらっしゃることと思いますが、本当にペットのことを思いやるのなら「ペットの健康」最優先に考えるべきではないでしょうか?生活習慣は名前の通り、生活を見直すことで予防したり、治療したりすることが可能です。

1、まずは食事。体重、犬種、運動量に応じたカロリーをかかりつけの獣医さんに聞いてみましょう。
2、適度な運動。毎日の散歩は欠かさずに、散歩以外でも、ペットが動きやすい環境を整えましょう(肥満になってしまったペットには、まずはゆっくりとした運動がお勧めです)
3、つぎはストレス。室内だけで飼育する、かわいさのあまりかまいすぎる、逆に、離れることがストレスになる場合もあるので、何がストレスが見極めストレスをかかりにくい環境を整えましょう。

以上の点を考慮すれば、免疫力の高い健康的なペットへと少しずつ変化していきます。

当社グリーンケミーでは、そんな生活習慣病のペットの免疫力を高める手助けになれればと『元気・水』の販売をしております。
元気・水』はペットの免疫力を高める水です。『元気・水』に含まれる、ベーター・グルカンがペット本来の自然治癒力を最大現に引き出し、本来の丈夫で健康なカラダへと変化させます。詳しくは、当社スタッフまでお問い合わせ下さい。

Home > タグ > 生活習慣病